京都に鉄道博物館がやってくる!

2013年12月から建設工事が始まる京都鉄道博物館(仮) 家が近所なので楽しみです!!

2016年の春に完成予定とのことなので、2年以上もかけて作り上げるんですね。もともと梅小路公園のなかには蒸気機関車を展示した梅小路蒸気機関車館があるのですが、こちらは京都鉄道博物館は併設という形で、博物館には新幹線などが展示されるそうです。

京都鉄道博物館の設置許可申請書には鉄骨3階建ての述べ19300平方メートルの建物が建つと。相当な広さの設備のようですね。完成したら全国から鉄道ファンが押し寄せるのでしょう。近隣の経済効果は計り知れないですね。

予定では、全国の類似施設を見習い、大人1000円小学生以上500円の入場料だそうです。

いま現在、駐車場となっている敷地の一部が建設場所になるようで、駐車スペースがかなり減りそう。近隣のコインパーキングは京都水族館のときのようにバブルを再度迎えるのでしょうね(笑)

完成までまだまだですが楽しみですね。

交通科学博物館 52年の軌跡展

2016年のオープンを目指す京都、梅小路公園の京都鉄道博物館に移転、移設される数々の展示物を抱える、大阪の交通科学博物館が4月6日で閉館します。

52年間も鉄道ファンに愛されていた施設ですが、きっと京都に移っても、みんなから愛されることでしょうね

52年の軌跡展ということで、期間限定で車両内も公開しているそうです。

大阪環状線の弁天町駅前というアクセスが良い場所にあり、たくさんの鉄道ファンに愛された施設ですね。

蒸気機関車、寝台車などが展示されているので、好きな人はカメラ持って出かけないといけませんね。

キハ81型ディーゼル動車、80系電車、食堂車スシ28型なども展示されているそうです。

休館日は月曜日、大人400円、子供は100円、10時から17時30分まで。

模型パノラマや運転体験もできる交通科学博物、閉館までに1度足を運びたいですね。

京都鉄道博物に蒸気機関車の義経がやってきた

大阪の閉館した交通科学博物から、蒸気機関車の義経号がやってきました。

京都にゆかりのある、牛若丸こと義経の名をもらった蒸気機関車。

こんご、自力で走れるように整備されるよていとか。

近所の幼稚園や保育園の子供たちをまねいて、義経号の歓迎セレモニーがひらかれたそうです。

ちゃくちゃくとすすむ京都鉄道博物、完成が楽しみですね。

2016年予定なので、まだ2年も先ですね。

とりあえずは梅小路蒸気機関車館での展示となっていますが、京都鉄道博物が完成したら、そちらに移されるのでしょうか?

京都鉄道博物が完成後も、梅小路蒸気機関車館は併設されるそうなので、もしかするとこちらにそのまま展示されるかもしれないですね。

京都鉄道博物館の料金は?

京都鉄道博物館の入館料はいくらなんでしょうね。料金を調べてみました。

京都鉄道博物館の料金

大人 1200円 意外と高いんですね。もうすこし安くして欲しいですね。

大学生・高校生 1000円 これまた結構なお値段ですね。これなら大人料金をもう少し高くして、こっちの値段を下げてあげて欲しいですね。

中学生・小学生 500円 こちらは妥当な値段ですね。これなら何度でも行ける料金です。

幼児3歳以上 200円 小学生以下は無料でも良かったのでは??

大学生・高校生・中学生は入場の時は学生証が必要です。忘れると料金で損するので忘れずに持っていきましょう。

子供連れでも楽しめる様にキッズパークという施設を用意しています。小さな子供でも電車が好きな子も多いですものね。家族で楽しめる京都鉄道博物館の料金を調べてみた結果でした。パパとママと小さな子供で出かけた場合、2600円で楽しめるわけですね。鉄道に興味がない人にとっては、すこし負担が大きいような気もしますが、好きな人にしてみれば安いものなのかもしれないですね。ママは興味がないので、京都鉄道博物館の近くのカフェで待ってるとか、そんな家族も出てきそうですね。

子供連れでも楽しめるように、授乳室があったり、ミルクのお湯を提供したり、ベビーカーを貸出したりと、かなり親切な作りになってますね。赤ちゃんを連れて行ける施設は限られているので、こういう配慮は嬉しいです。

料金を調べていて、ひとつ気になって記述がありました。団体料金のところに「有料でのご利用の方」という書き方があったのですが、無料招待券とかが存在するのでしょうね。考えられるのは福利厚生でJR西日本や関連会社で配られるのでしょうね。そういった無料招待券とかネットでオークションとかで出回るもしれないですね。そうすると、少しは安くで入場できるかもしれないですね。

近所の京都水族館の料金もついでに紹介しますね。なかなか2つの施設をはしごする人は少ないかも知れないですが、子供連れで観光にこられている家族とかはありえるかもしれませんものね。オープン当時より少しだけ値上げしてますね。大人と大学生と高校生が50円値上がりしてます。

京都水族館の料金

大人 2050円

大学生・高校生 1550円

中学生・小学生 1000円

幼児3歳以上 600円

これまたパパとママと幼児で入場したら4700円ということで、なかなかの出費ですね。京都鉄道博物館と一緒に回ったら安くなるセットとか売ればいいと思いますが、会社が違うので無理ですかね。両方回ると大人3人と幼児で7300円のところ、7000円でとかね!

追記

現在、ゼブンイレブンで京都鉄道博物館と京都水族館をセットで購入すると、10%オフで買えるようになりました。込み合う時期や土日は事前に購入していくと並ばずに入場できますよ。

京都鉄道博物館のスチーム号の料金

京都鉄道博物館には、前身の梅小路蒸気機関車館のころからある蒸気機関車が引っ張ってくれるスチーム号というアトラクションがあります。

本物のSLが引っ張ってくれるので、好きな人にはたまらないと思います。

こちらの料金は大人が300円子供が100円となっております。子供は喜びますよね。シュー!シュー!ってすごい迫力ですよ。

京都鉄道博物館の料金割引はある。

セブンイレブンでセット割り

セブンイレブンで京都水族館の入場券とセットで購入すると10%オフで料金が割引されます。

また、京都水族館の当日券を持っていくと、1か月以内であれば京都鉄道博物館の入場料金が10%オフにしてもらえます。

一日で両方回り切れないときは便利ですが、両方ともそれほど広くないので1日で回れそうですけどね。

京都市バスの1日乗車券

京都市の市バスの1日乗車券で京都鉄道博物館の料金が10%オフになります。

f:id:tanakdm:20180426190947j:plain大人は600円

f:id:tanakdm:20180426191025j:plain子供は300円

京阪バスのセット割り

京都駅のバスターミナルで京阪バスの往復と京都鉄道博物館の料金が安くなるセットが売っています。

f:id:tanakdm:20180426191315p:plainお得ですね。

これらのなかから自分に合った割引を見つけて、お得に利用してください。

悲報・・・はじめての献血でもらったコーヒーに除草剤?

先日初めて献血しました。いろいろ感じたこともありましたが、やってよかったと思ってます。

 

nonalcohol.hatenablog.com後日、検査の結果がハガキで届き、いろいろな検査の数値が出ていて、そのうち、最近よわっていた肝機能の数値がよくなっていたのでうれしかったのです。

γ-GTP(ガンマジーティーピー)は1カ月くらい禁酒するとある程度正常化するはホントか? - 飲食店経営のメモ

 

また献血しようと思います。

 

さて、昨日の夜遅く、知らない番号から携帯に着信が。日本赤十字からですと。まさか、重大な病気が見つかったとかいうんじゃないかと本当にドキドキしました。結果的には病気ではなく、献血の時に配ったパックのコーヒー(カフェオレ)に除草剤の成分が検出され、明日の新聞に載ることになったのでお知らせですと。良かったのか良くなかったのか・・・

 

では、今回の件、いろいろ調べてみたり思ったこと。

  •  どんな経緯?
  • 除草剤のトリフルラリンとは
  • はじめての献血でもらったコーヒーに除草剤の成分が入っていて思ったこと

 

続きを読む

結局、肩こりに効くのは静よりも動

最近肩こりがひどい。

 

以前は肩こりなんて、感じたこともなかったのに。

 

マッサージでも「肩がこってますねー」なんて言われても「いや、こってませんけど」って言い返してたくらいで。

 

なんで急に肩がこるようになったかと考えてみると、ジョギングをやめたからかなと。

 

ジョギングをすることで血行が良くなって、肩こり知らずだったのではないかという自己検証。

続きを読む

はじめての献血で思ったこと。

時間がかかるということ

初めての人に400を勧めるのはどうかと

 

昨日、イオンに買い物に出かけたら入り口で献血の人に声をかけられました。仕事が早く上がったので、時間に余裕もあり、以前から献血を勧める知人もいたので、思い切って献血してみました。

 

初めての献血で思ったことがあるのですが、1つ目は意外と時間がかかるということ。献血ってぱっと終わると思っていたので意外でした。

  •  献血してみて思ったこと、その1
  • 献血してみて思ったこと、その2
  • 献血してみて思ったこと、その3
  • 献血してみて思ったこと、その4
  • 献血してみて思ったこと、まとめ

 

続きを読む