安室奈美恵さんにとって、京都は住みにくいはず。

同じ昭和52年9月生まれということで、かってに親近感を持っていた安室奈美恵さんが芸能界を引退し、京都に住居を構えて、しばらくはゆっくりするとかどうとか。

いまは嫌な時代で、誰がどこに住んでいるとか、すぐに噂になって、有名人は気の毒ですね。

東京なら、2億のマンションに住んでるとか、7億のマンションだとか報道されても、場所までは特定されることはないと思うのですが、京都だとすぐばれますね。

2億のマンションといえば左京区岡崎最勝寺町のザ・京都レジデンス岡崎でしょうし、7億のマンションといえば上京区上生洲町河原町通荒神口のザ・パークハウス京都鴨川御所東でしょうね。

しかも昔なら東映の撮影所があっておかげで芸能人を見慣れていた京都人も、いまは芸能人慣れしてないでしょうし、安室奈美恵さんが歩いてたら、興奮して話しかけるでしょうし、盗撮したり、つけて行ったりする人も多いんじゃないかな?

東京にもそんな人多いかもしれないですが、バレにくそう。京都だと目立つでしょうね。

そのうち道端で安室奈美恵さん見かけても、そっとしておいてあげようと思う反面、やっぱりちょっと興奮するんやろな。

レジデンス岡崎ならイオン東山二条に買い物行くのかなとか、パークハウス京都鴨川御所東ならフレスコいくのかなとか、そんな想像してしまいます。

京都鉄道博物館アクセス便利!「梅小路駅」

これまでは京都駅や丹波口駅から徒歩やバス、タクシーでないといけない、ちょっと不便なスポット京都鉄道博物館でしたが、まもなく梅小路公園内に新駅が完成します。

徒歩なら20分くらい・・・バスでも10分、タクシーならお金もかかるしと、ほんと不便というかなんというか・・・

梅小路に駅が完成すればこれまでは不便だった京都鉄道博物館や京都水族館へのアクセスが格段に向上します。断言します、京都鉄道博物館へのアクセス、めちゃくちゃ×10良くなります!

駅からは徒歩すぐですから、ものすごく肉体的にも時間的にも楽になりますね!

これまで、京都鉄道博物館へのアクセスを、一生懸命ご案内してくれていたサイトに感謝と、これまでご苦労様といいたいです。

梅小路公園に駅ができたことで、すべてが解決です。

正直、これまで市バスや京阪バスが活躍していましたが、市バスは市営なので仕方ないですが、京阪バスは民間です。かなり減収となるのではないでしょうか・・・

これも仕方ないです、利便性の向上はすべての人の希望です。

特に京都水族館や京都鉄道博物館へのアクセスは子連れの人には大問題でした。

大人だけに限定すれば大した問題ではなくても、小さな子供連れには大問題。駐車場も小さくて、十分な供給量でなかったので、近隣のコインパーキングが潤ってきましたが、これも今後は減収となりそうですね。

梅小路公園の駅は完成が2019年ということですので楽しみです。

京都駅からバスで行く

京都市バスの場合、京都駅の正面の出口を出るとバス乗り場があります。京都鉄道博物館へは、B3乗り場から乗ります。京都鉄道博物館行きは86系統88系統103系統104系統110系統です。土日は5分に1本間隔で運行。直行便の場合、最終便が早いので注意が必要です。平日は午後6時21分、土日は午後6時28分です。もしも最終便を逃した場合は梅小路公園北側に出れば、京都駅行きの市バス、めちゃくちゃたくさん走ってますので大丈夫です。

京阪バスの場合も京都駅の正面出口から出ます。八条口から出ると京都鉄道博物館へのアクセスは不便ですよ。

中央口の出口を右に出ると京阪バスのチケットセンターがありますので、こちらで京都鉄道博物館のセット券を購入してください。なんと、京都鉄道博物館の入場が割引されるバスとのセットが購入できます。前売りで割引はうれしい。京阪京都交通のバス乗り場は、Cのりばの「C2」です。京都鉄道博物館行きは2番14番15番26番26B番28A番に乗ります。直行便はないので梅小路公園の北側の停留所でおり、公園内をお散歩するとすぐです。

梅小路公園の中に駅ができたら、山陰本線で梅小路公園の駅から徒歩が一番近い。

京都駅から徒歩で京都鉄道博物館へのアクセス

京都駅からはグーグルマップでどうぞ

どうですか?グーグルマップでは中央出口からも八条口からも徒歩では同じくらいの24分で着く計算です。

1.9キロから2キロの計算です。

近いですか?遠いですか?

運動不足の人にはお勧めできませんが、バスの待ち時間などを考えると、徒歩でもそれほど変わらないかもしれませんね。デートなら徒歩がおすすめですが、小さな子供を連れてなら徒歩はお勧めできないですね。

梅小路公園の中に駅ができたら、山陰本線で梅小路公園の駅から徒歩が一番近い。

丹波口駅から徒歩で京都鉄道博物館へのアクセス

こちらはあまりお勧めできないのですが、一応、紹介します。まずはグーグルマップで。

どうしてお勧めできないかといいますと、このルートだと高架下をただ歩くだけになります。ものすごく不安になると思います。道を知っている人なら大丈夫かもしれませんが、土地勘がない人は、ほんとうにこの道で会っているのか不安になりますよ。

京都駅からの徒歩ルートなら、正面からなら大通りなので安心ですし、八条口からでも美味しいコロッケがおすすめのお肉屋さんが2軒もあったり歩いていても楽しいです。

こちらのルートは高架下で、市場の側道的な感じがします。

梅小路公園の中に駅ができたら、山陰本線で梅小路公園の駅から徒歩が一番近い。

車で大阪や名古屋方面から、京都南インターからの京都鉄道博物館へのアクセス

市内方面の出口から出てください。グーグルマップでご案内。

グーグルマップ最高ですね。降りてすぐに、美味しいラーメン屋さんがありますよ。

日本最大の木造五重の塔、東寺が見えたらもうすぐ近くです。

障害者や子連れが優先の駐車場しかないので、近隣のコインパーキングを利用します。

京都鉄道博物館へは京都南インターから行くのがおすすめです。東インターからは、めちゃくちゃ遠いです。

阪急電車で京都水族館へのアクセス

阪急で大阪から京都水族館へのアクセスは四条大宮からが一番近いです。現在は直行便がありますが、梅小路公園の中に駅ができたら、山陰本線で梅小路公園の駅から徒歩が一番近いので、無くなるかも。

市営特18系統、市営18系統、市営206系統、甲市営207系統、甲市営71系統で京都鉄道博物館へ行けます。

京阪電車で京都鉄道博物館へのアクセス

京阪電車で大阪から京都水族館へのアクセスは七条からが一番近いです。現在は直行便がありますが、梅小路公園の中に駅ができたら、山陰本線で梅小路公園の駅から徒歩が一番近いので、無くなるかも。

110系統、86系統、208系統、88系統で京都鉄道博物館へ行けます。

近鉄電車で京都鉄道博物館へのアクセス

近鉄京都駅で降りた場合は京都駅からの京都鉄道博物館へのアクセスと同じですが、一駅手前の東寺駅から降りても、それほど距離は変わりません。東寺駅からの徒歩で行く場合のルートです。

やはり京都駅からと変わらない20分という結果でした。バスでは遠回りの経路になるので東寺駅からは徒歩になります。

世界最大の木造五重の塔を眺めながら京都鉄道博物館へ向かうのもよいのではないでしょうか。

京都鉄道博物館へのアクセスは梅小路公園の駅が最強

京都鉄道博物館へ徒歩で行くなら梅小路公園の駅が一番近いです。徒歩すぐです。車で行くなら、土日は駐車場の確保に苦労します。近隣のコインパーキングでは行列ができています。梅小路公園の駅から行くのがおすすめです。

立地を生かした京都鉄道博物館

現役の電車も展示できるように梅小路運転区構内留置線を引き込んだ作りにするそうです。古い鉄道ファン、新しい鉄道ファン、新幹線ファン、在来線ファンと全ての鉄道ファンに喜ばれる施設になりそうですね。

近所に住んでいて梅小路公園にはよく行くので、ここの道にエントランスができるのかとか、ここのふれあい広場に車両を展示するのかといろいろ解って面白いです。

ただ思ったのですが、国内最大級という割には少し小さいような気がするのですが、鉄道博物館というのはその程度のものなのでしょうか?そろそろ工事も始まるのかも。今から楽しみですね。

大人も子供も楽しめる施設になりそうですね。特に小さい男の子は電車とか大好きですもんね。子供連れで気軽に楽しめる京都の新名所ですね。ただ、熱狂的な大きなお友達がたくさん押し寄せそうな気もしますけどね。

交通科学博物館から京都鉄道博物館へ

世代交代というわけではないのでしょうが、採算の取れない施設だったのでしょうか大阪の交通科学博物館の閉館が2014年の4月に迫っています。2016年の京都鉄道博物館の開館に先立ち閉館するとのことで、資料等は移されるそうですが2年間は人目に触れない資料が出てくるのですね。

交通科学博物館は1961年に開館しているので、そこそこの歴史と知名度があったはずですが、京都鉄道博物館に引き継がれる形で幕を閉じることが決まったようです。

100形蒸気機関車の7105号「義経」や80系電車のクハ86形(クハ86001)、キハ80系特急形気動車のキハ81形(キハ81 3)が京都鉄道博物館に移されるのでしょうか?深夜にトラックとかで運ぶんでしょうね?観てみたいですね。偶然見かけたらテンション上がるでしょうね!

京都鉄道博物館には新幹線なども展示される予定なので、そこでまた日の目を見れたら列車たちも幸せですね。

京都から関西に元気を。京都鉄道博物館

まもなく着工される京都鉄道博物館ですが、梅小路公園にできるということで京都水族館とともに、京都の観光の新名所となりそうです。

現在、京都水族館が開業後、梅小路公園内の蒸気機関車館は入館者が5割も増えたそうです。鉄道博物館が出来て、さらなる相乗効果を期待できそうですね。

梅小路蒸気機関車館は100年ほど前に建てられた建物にかかわらず、蒸気機関車を保守する設備が一式そろっており、貴重な国の文化財として指定されています。

私も幼稚園の頃に遠足で行きました。もう30年も前のことですが、写真が残っているので今でもたまに思い出します。

JR西日本の社長も鉄道博物館による京都への集客の期待しており、人の流れをさらに盛んにし、京都から関西を盛り上げたいとコメントしています。期待したいですね。

日本最大規模の鉄道博物館

京都鉄道博物館に展示予定の車両が公表されていますね。蒸気機関車23両、新幹線6両、ディーゼル機関車4両、電気機関車4両が展示される予定だそうです。

大阪にある交通科学博物館の展示物も京都鉄道博物館に移す予定だそうです。ちなみに交通科学博物館は閉館予定です。

レールを引き込んで現役に車両も展示するとのことなので、鉄道ファンにとっては聖地となりそうですね。

我が家の下の娘はトーマスが好きなので、連れて行ってあげたら喜ぶでしょうね。

さいたまにある鉄道博物館を超える規模の展示らしいので、日本全国から鉄道ファンが集まることが容易に想像できますね。

京都駅からも徒歩15分程度なので便利な立地と、近隣に世界遺産の東寺の5重塔があるので観光にもイイですね。

梅小路公園に出来る京都鉄道博物館

京都鉄道博物館の全景イメージ図を見ると、どうやら現在は遊具が設置されている「ふれあい広場」を取り壊して建物を建てる予定みたいですね。

近所の人は気楽な子供の遊び場がひとつ減ってしまいますね。

我が家も近所ですので娘達が小さい頃は、よくふれあい広場に遊びにいきました。無くなるのはちょっと寂しいですが、これだけ大きな計画なので仕方がないですね。

京都鉄道博物館では人気の新幹線など展示して、中央の扇型の建物「蒸気機関車館」にも集客したいところでしょうね。併設とのことなので料金は別になるのでしょうね。

京都鉄道博物館の入場料は大人1000円、子供500円の予定だそうです。蒸気機関車館は大人400円、子供100円と良心的な値段なので、せっかくなので両方見ていこうという人が多いでしょうね。